松緑 笹目宗兵衛商店<茨城県笠間市>

笹目宗兵衛商店は日本三大稲荷、笠間稲荷神社の御神酒

笹目宗兵衛商店の正門陶芸と観光の街笠間にある笹目宗兵衛商店が創業したのは明治六年。古くは笠間藩主牧野家経営の醸造元でしたが、藩主より経営をゆずられ二波山松緑の銘柄で酒造りを始業。二波山は、茨城県の名峰筑波山と加波山を意味します。

日本三大稲荷の笠間稲荷神社の真ん前にある昔風の屋敷と酒蔵が笹目宗兵衛商店。当主六代目、笹目信次郎さんは慶応大学を卒業、醸造試験所で実習を重ねた後家督を継いた情熱ある経営者です。笠間盆地の厳寒身を切るような大気のなか、井戸からくみ上げた軟水で仕込んだ酒は笠間稲荷神社の御神酒に指名されています。

笠間のお土産として人気があるだけに酒造りへのこだわりも強く、良質の米・水を使い、手作業で酒を仕込むことによって、機械ではできない微妙な調整を可能にし、茨城ならではの味を引き出しています。
笹目宗兵衛商店の母屋

現在の笹目宗兵衛商店は「観光酒蔵」として蔵の敷地を観光客に開放、松緑の淡麗でやわらかな大吟醸や冬のにごり酒が人気をえています。

是非、地酒「松緑」のお買い求めは笹目宗兵衛商店と太い信頼関係で結ばれる正規特約店、菊池酒店をご利用ください。

松緑 笹目宗兵衛商店の商品リストへ